5/15(Tues) contrarede presents ASOBI SEKSU japan tour 2012@Shibuya O-nest ≪LIVE REPORT≫

:: LIVE REPORT :: 


5/15(Tues) contrarede presents ASOBI SEKSU japan tour 2012@Shibuya O-nest  w/OLDE WORLDE


約5年ぶりとなる渋谷O-nest、サポートメンバーを加え激しいノイズとともに登場。
 
一曲目「coming up」、ヴィヴィッドかつ浮遊感のあるサウンドと軽く弾む歌声で、フロア全体がいきなり異次元に放り込まれたような感覚に陥る。と、同時に観客の気分を一気に引き上げる。続いて「new years」では、明るく突き抜け疾走するサウンドがさらに高揚感を煽る。
 
二曲目終わり、「お久しぶりです。ASOBI SEKSUでございます」と日本語で挨拶するヴォーカルのYuki Chikudate。オープニングを飾ったOLDE WORLDEのMCを受けてか、「やっぱりびっくりする名前よね」と自らのバンド名をネタに。
また、メンバー紹介では他のメンバーに日本語で挨拶させる場面も。
 
華麗なタンバリンを魅せたかと思えば激しく頭を振りながらキーボードを弾くYuki。空間系のポップでドリーミーな音色から重たく歪んだ音色まで、変幻自在なギターのJames Hanna。次々にライヴ感溢れるステージを繰り広げる。
「Pink Light」の後半、淡く甘いメロディが一転して轟音の渦へと落ちるさまは、まさにシューゲイザーバンド。
 
本編のラストはなんと、ジーザス&メリーチェインのカヴァー「Never Understand」。Yukiは観客で盛り上がるフロアへ。
 
アンコール「Me & Mary」ではカラフルなサウンドが一層引き立ち、ラスト「Red Sea」のアウトロでは、ドラムのLarryに変わりYukiがドラムを叩き、圧巻のパフォーマンスで幕を閉じた。
 
最初から最後まで彼らの世界一色でフロアを飲み込み、最高のライヴを魅せ付けてくれたASOBI SEKSU。
18日、渋谷0-WESTにさらなる期待が高まる。是非ご覧あれ!
 
(総務部 一場)

Copyright © ALTERNATIVE WAVERS - diskunion indie/alternative rock blog : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

管理人限定

SEARCH

TWITTER

PROFILE

HN:
ALTERNATIVE WAVERS
性別:
非公開
自己紹介:

80'Sから10'Sまで、最先端のインディーもそのルーツとなるNWリイシューも、おすすめアイテム情報を随時お届け!

※掲載の商品はご予約開始次第もしくは入荷次第ROCK WEB SHOPおよび新宿本館6Fにてお求め可能です。

またその他ロック取り扱い店舗におきましてもお取り寄せ・追加発注が可能ですのでお気軽にお問い合わせください。万が一レーベル側で在庫切れ・売り切れの際にはご容赦くださいませ。

・TWITTER

・FACEBOOK

CALENDAR

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

QR CODE

ACCESS TOOL

COUNTER