BRIAN JONESTOWN MASSACRE WITH RAVEONTES AUSTRALIA MAY 2012 ≪LIVE REPORT VOL.2≫


f974298b.jpeg
BRIAN JONESTOWN MASSACRE WITH RAVEONETTES AUSTRALIA MAY 2012 ≪LIVE REPORT VOL.2≫

お待たせしました。BJM & RAVEONETTESオーストラリアツアー・ライヴレポートその②です!
vol.1はコチラ

ラストには以前から告知していました、BJMメンバーからのメッセージもありますので是非ご覧になって下さい。

ブライン・ジョーンズタウン・マサカーは現在、アントン(VO&G)、マット(VO&G)、ジョエル(TAMBOURINE & MARACAS)、リッキー(G)、フランキー(G)、ロブ(KEY & SYNTH & MELLOTRON & G)、コリン(B)、ダン(Dr)の8人編成。

ここ日本でもバンド名だけが独り歩きするきっかけとなった、2004年に公開された映画「DIG!」でもあったように、度重なるメンバーチェンジが続くも のの、2000年以降は(若干の入れ替わりはあるが)このメンバーで落ち着き始め、2009年にはオリジナルメンバーのマットが復帰し、ライヴのバリエー ションも幅広いものに。

374815c8.jpeg

さて、肝心のライヴですが、22時を軽く過ぎたところでBJMメンバーがパラパラと登場、観客も一斉に前方へと押し寄せぎゅうぎゅう状態。他のメンバーが出きったところで、最後にアントンがお馴染みVox Cheetahを担いて遂に登場。
早くも歓声に混じる謎のブーイングや煽りにも適当に「ハーイ」と答え、客席には目もくれず各々チューニングを済ますとアントンがギターでカウントを取り始める。

1c63cdb3.jpeg

一曲目は怪しいグルーヴ感溢れるファズ・サイケな新曲「Stairway To The Best Party In The Universe」。
前作、「Who Kiled Sgt.Pepper?」のリリースにあたってのワールドツアーでは、ほぼ新曲は演らず、マットが再加入したことでBJMクラシックを幅広く演奏していたので久々の新曲ライヴ披露。
新アルバムで感じられたエキゾチックな雰囲気はライヴではどう再現されるのだろう?と思っていたらそこはロブのメロトロンが絶妙な演出!これは生で聴かないと拾えない雰囲気。
ただ爆音なだけではない4人のギターによる掛け合いも絶妙で、ベテランならでの風格も合わさり、今までにない大所帯の"BJM"というバンドとしてのオリジナリティを強く感じさせられました。
(また、ステージ前列におじさんが5人も並ぶとこんな迫力になるのかとこちらの方面でも圧倒。)

アルバムではフィンランドのエリザ・カーマサロによる浮遊感溢れるヴォーカルが印象的だったクラウト・ロックなナンバー「Viholliseni Maalla」は、D-Fの2コード進行で、なんとマットが英語ヴァージョンでマイクを取っていたのが驚き!
 今回のツアーではソニック・ブームのシグネスチャーモデルの「ACID FUZZ」というエフェクターがいち早くバンドに導入されており、アントンとリッキーのソロが交錯していくパートではディレイがかけられたそのサウンドが 本当にクールでアルバムとはまた違ったアレンジがとても印象的でした。
(「ACID FUZZ」についてライヴが終わった後にマットに聞いたら、「UKのメーカーなんだけどアントン、リッキー、ロブが使用していているよ。かなり強烈なクレイジーファズで、ヒプノティックな音も出せる。裏面には僕達のバンドロゴも入っているんだ。」とのこと。欲しい。)

新曲と「This is why you love me」「Jeniffer」や「Anemone」「Prozac vs heroin」等、板に乗ったクラシックを交互に演奏していき、会場も完全に出来あがってきたところで、ムーグ音とフィードバックノイズによりメディテー ションな空間が作られ、マットがハンド・パーカッションに、アントンがポール・ウェラーのサイン入りのティアドロップ型の12弦に持ち替えたなら、ライヴ 全体のハイライトのひとつともなった「Super Sonic」。
BJMの中でも特に強烈なサイケナンバーであるこの曲、終盤はワンストロークごとにアントンが神経質にアンプのバランスを変え、ディープなトレモロ、ギター・ドローン、メロトロン、ムーグといった様々な飛び交う音の波に飲み込まれていくかの様な感覚で深く酩酊。

そして人気曲にして、元ネタは60年代のGARAGE~ソフト・コーラス・サイケ・バンド"Cryan' Shames"の67年にコロムビアからリリースされた7インチ「Up on the Roof」のB面に収録されている「The Sailing Ship」である「Sailor」は本当にライヴで冴えます。ロブのメロトロンも涙腺を刺激し、大胆なストロークが特徴的な同曲を4人のギターが鳴らすの ではあればドラマチックな展開はさらに感動的に。

fcf27d3d.jpeg
去年にリリースされた「Iluminomi」の10インチのB面とシングルベストに収録(CDで聴けるのは今のところこのベストだけ)されているカート・ ベッチャーやストーンズ関連で知られるシンガー"Bobby Jameson"のブルース・ハードなカヴァー曲「There's War Going On」ではジョエルがヴォーカルを担当。
歪みきったファズギターのストロークとアントンのハーモニカがクールに絡み合う演奏に、音負けしないジョエルの歌声。アウトロではリッキーのワウ・ギター も強烈に炸裂されるこの曲を聴いて理解が出来たのが、アントンの思考の変化や、彼が言っていたバンドコンディションの良好化、またはまったく異なるバンド に今はなっているという意味合い。
"バンド"としてメンバーそれぞれが機能していることが非常に嬉しかったし、これからもこのベストなメンバーでの演奏を続けてくれるなと実感。

また新アルバムの中で、個人的にお気に入りな胡散臭い哀愁漂う出だしからグルーヴィーな流れに展開していく曲、「Waking Up To Hand Grenades」がライヴでもとにかく最高。
ダンの体全体から吐き出されるかのようなもの凄い圧力のドラムと、やはりロブのメロトロン(ロブは本当に凄いミュージシャンなんですよ。デッド・メドウや モーニング・アウター・ガール、最近再結成したビーチウッド・スパークスのプロデュースも手掛け、SeedsとByrdsを融合しかのような60'Sロッ クサウンドな自身のバンド「Quarter After」これが本当にかっこいいんです。)の全体への味付け、
アントンから指示が出るまで続く尺長なアレンジで、今後のライヴでもプレイされ続けるんじゃないかと思われる名曲。

こんな流れからまだまだ持っているBJMのクラシック名曲群から「That Girl Suicide」や「Not If You Were The Last Dandy On Earth」が演奏されれば、イントロが聴こえた瞬間から会場全体が狂喜乱舞。
私、ライヴをじっくり見入ってしまうタイプなので、周りの雰囲気にも圧倒される板挟み状態で○asisに負けないくらい(伏字になっていない)の大合唱にやはり世界中で愛されいるんだなぁとまたひとりしみじみ。

IMG_0204.JPG

2時間以上ほぼぶっ続けの演奏も時計が0時15分頃を過ぎたあたりでとうとうクライマックス。香ばしいこのギターのストロークは"Take It From The Man!"より「Straght Up Down」!(アルバムで最後に収録されているロングバージョンの方です。)
この曲、音源の場合は低音と高音どちらもアントンのヴォーカルで構成されているんですけど、ライヴはやはりマットとの掛け合いなんですよね。
マットが作る曲って直球でちょっぴしセンチメンタルなとこも覗かせる、シンプルで聴きやすいガレージ・ソングが多いんだけど(映画でアントンみたいな才能はないし、カリスマ性もないなんてTVTの人にバッサリ言われていたけど)、何が良いって本当に声が良い!
マットがバンドに帰ってきてくれたことってファンにとってもこの上なく嬉しいことであったし、また喧嘩別れしたアントンと二人で歌ってる姿を見てるだけでも泣けてきます。
そんな二人のコーラスからのラストは10分以上に及ぶ壮絶なジャム、お馴染み"フゥッフー"の会場全体のコーラスとアントンが会場に向かって"Hey Jude"のコーラスを織り交ぜればこの日最高の盛り上がりに。
尚も続くフィードバックジャムにアントンが区切りをつけ、各々が「また会おう~」と退場していく中、アントンは一人メロトロンを奏でてから退場、約2時間30分も続いたライヴは幕と閉じました。

最高のコンディションで、最高のパフォーマンスを披露してくれたメンバーに心から感謝し、彼らの音楽がもっと日本に浸透すればなと強く感じました。

では、大変お待たせして申し訳ありませんでしたが、日本のファンへBJMメンバーからの直筆メッセージです!

IMG_0222.JPGANTON.JPG 
Anton Newcombe
"KEEP the FAITH"
 
FRANKIE.JPG3d9f7ed3.jpeg
Matt Hollywood & Frankie Emerson
"Konichiwa Japan! We Love You!"
 
RICKY.JPGc882d966.jpeg
Ricky Maymi
"Hello Japan! We love you and hope to see you soon!"
 
JOEL.JPGJOEL2.JPG
Joel Gion
"Keep The Faith, Baby"

COLIN.JPG
Collin Hegna
"Brian Jonestown Massacre has great love for all Japanese people Thank you so much!"
 
DAN.JPG
Daniel Allaire
"Hello Everyone, Thanks for the sushi! All the best."
 
e2f32315.jpeg
Rob Campanella
"Dear Japan, Please bring us to your country so we can play music for you! love."

JCR.JPG

ありがとう!BJM!また日本に来てくれる日を待っています!





■■ 帯ライナー付 国内限定仕様盤 絶賛発売中!■■

詳細を見る
DIFFUSE ECHO / JPN / CD / DE050 / AW120416-01 / 2,100円(税込)

詳細を見る
カートに入れる
お気に入り商品に追加



■■ 輸入盤 ■■

詳細を見る
A RECORDS / UK / LP / AUK023LP / AW120409-112 / 2,500円(税込)

詳細を見る
カートに入れる
お気に入り商品に追加


詳細を見る
A RECORDINGS / UK / CD / AUK023CD / AW120409-111 / 1,350円(税込)

詳細を見る
カートに入れる
お気に入り商品に追加

 

神保町店 荒井

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © ALTERNATIVE WAVERS - diskunion indie/alternative rock blog : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

管理人限定

SEARCH

TWITTER

PROFILE

HN:
ALTERNATIVE WAVERS
性別:
非公開
自己紹介:

80'Sから10'Sまで、最先端のインディーもそのルーツとなるNWリイシューも、おすすめアイテム情報を随時お届け!

※掲載の商品はご予約開始次第もしくは入荷次第ROCK WEB SHOPおよび新宿本館6Fにてお求め可能です。

またその他ロック取り扱い店舗におきましてもお取り寄せ・追加発注が可能ですのでお気軽にお問い合わせください。万が一レーベル側で在庫切れ・売り切れの際にはご容赦くださいませ。

・TWITTER

・FACEBOOK

CALENDAR

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

QR CODE

ACCESS TOOL

COUNTER