CHARLES DOUGLAS - NOT YOUR KIND OF MUSIC - THE BASEMENT TAPES 1995-1999

詳細を見る
CHARLES DOUGLAS - NOT YOUR KIND OF MUSIC - THE BASEMENT TAPES 1995-1999 (2 CD)

もしもあの頃DRAG CITYやHOMESTEADから、、せめてKやTEENBEATから出ていたら。。

かつてDAVID BOWIEやJOHN WATERS、ANDREW WEATHERALLやROBERT POLLARDがファンを公言し、ライヴを聴いたBRATMOBILEに気に入られ、地下室を抜け出した初スタジオ作はMOE TUCKER参加&プロデュース、PIXIESとつるみながらMERCURY REVとドラッグ漬けの一夜を過ごし、MARK ROBINSON (UNREST)やSTEVE TURNER (MUDHONEY)にカバーされ、、ながらも、埋もれきったまま25歳でさっぱり音楽キャリアをリタイアした元コカイン中毒者CHARLES DUGLAS。

の、ドラッグ漬けで地下に篭っていた95-99年ローファイ宅録音源 (アナログ2枚"THE BURDENS OF GENIUS" "MINOR WAVE" + カセット2本"THE SPIDERS ARE GETTING BIGGER" "HAUNTING & DAUNTIN") 全67曲が再発見2CD化!

もしもあの頃が叶ったら、ローカルヒーローくらいにはなれてたはず、多分。、、うそ。無理かも。

宅録アングラ野郎によくありがちなルーリード声にマークボラン声にジョナサンリッチマンギターにダニジョンピアノにビーハプビートにスキップスペンス病にシャグス患いにMCハマーラップまで駆使して平均2分間ほど猪突妄信する、もうひとりのBECK (あの頃の)か BEN LEE (あの頃の)か。を、とにかくまるでダメにした感じ。



私恥ずかしながらその存在をほとんど知らなかったわけですが、ダラダラと67曲聴きながら23ページに渡って本人自ら事細かに綴られる怖いくらいの半生振り返り長文ライナーを読んでみると、


昼間寝て夜は録音、主食はコーク(コカイン)とポット(マリファナ)な生活の中で、頭で鳴っている音を実家の地下室で壊れて6トラックになった8トラックにひりだし続け、

LUNAやSTEREOLABを引き上げた90年代伝説のELEKTRAの敏腕A&RマンTERRY TOLKIN (かつてあの99 RECORDSやTOUCH & GOで働き、70年代末に"ALTERNATIVE MUSIC"という造語を使いだしたとされる人)に見いだされ10代で契約、

、、をするも一度たりともELEKTRA本体からのリリースを勝ち取れず、

それでも自分がMICK JAGGERやBOB DYLANやJANDEK(!)みたいなロックスターだと確信しつつ

NICK DRAKEみたいに謎の死を遂げたらかっこいいと夢想したり

だんだん見た目がCHARLES MANSON化してきたり

売れたこと無いのに何度も何度もヒットシングルを狙ってみたり

病みすぎて遺書を歌にしてみたり

敬愛するDENNIS WILSONやPRINCEに捧げた曲を書いてみたり

バイト先の使えないボスを変名で罵った曲を残したり

ELEKTRAと揉めて解雇されたTERRY TOLKINに捧げた曲を書いてみたり

FUGSやMARK E. SMITHSやELLIOT SMITHやDAVID BYRNEにインスパイアされてみているけどそんな音は鳴らず

マリファナのやりすぎでこの曲の事はなんも覚えていないっていう曲が名曲とか

憧れのJ MASCISに出会ってもシャイすぎて何も喋れなかったり

当時売れ売れのNIRVANA風の曲が出来て食いついてきたELEKTRAに対して ドラッグでハイになりすぎていたので大チャンスを断っちゃったとか

録音するたびに内容の違うカセットアルバムを作ったり

憧れのDEE DEE RAMONEのようにラッパーをやりたいと思い立ちESGやGRANDMASTER FLASHが登場するラップを歌ってみたり

ヒンドゥー教の象の姿をした神ガネーシャを信仰しはじめたり

地元のスーパーで昔好きだった娘を見かけたけど2週間風呂に入ってなかったので隠れたときの歌とか

頭の中だけで付き合っていた、GUIDED BY VOICESを何でも持っていた娘の歌とか、

誰もディストリビュートしてくれなかったときに手を差し伸べてくれたYEP ROCK RECORDS/RED EYEのGLENN DICKERに捧げた感謝の一曲がそのままYEP ROCKオフィスの電話の保留メロディに長い間使われていたりとか、

とにかくコークの吸いすぎでマイクカヴァーに鼻血たらしまくりだったぜとか

ただひたすらMERGE RECORDS/MAC MCCAUGHANを忌み嫌った歌を作っていたり

ドラッグをやめてから曲を作るのに飽きてきたんだとか

なんかとにかくSUFJAN STEVENSをゲイだと思っていたり

DJにはぜひこの曲をKANYE WESTとLADY GAGAの間でかけてもらいたいとか

PRINCEが黒人初の大統領になってたらホワイトハウスをパープルに塗っていたのに、とか

で結局PRINCEが大好きだったり、PRINCEが大好きだったり、PRINCEが大好きだったり、でもそんなPRINCEっぽさは無かったり、


、、、、詰まるところただのコカイン・ジャンキーなわけなので、彼の若き数年間を振り返って伝説だとか天才だとか言える訳でもないのですが、

その好きなものや嫌いなものとの接し方や表現の仕方を目の当たり耳の当たりにすると どこもかしこも"音楽好きあるある"満載でなんとなくウキウキワクワクどこかひねくれ軽く憧れちょっとしんみり、しちゃったりしなかったり、とにかく愛すべき極々個人的なヒーローがまた一人誕生な傑作回顧盤でした。人によっては、タイトルに偽り大ありです。

DIYがもしもDIVE INTO YOURSELFの略だったら、間違いなくこの人の為の言葉です。DRUG INSANE YOUNGでもいいのかも。

ネコジャケ好きにも髭づらジャケ好きにもイケる名アートワークもよし。


ちなみに近年のお姿、こんな感じ。なんかリタイアしてませんね。。クスリ抜けてもあんまり変わってませんよ。



さらにちなみにCHARLES DOUGLAS、変名なのかもしれません。現在はALEX MCAULAYなるペンネームで執筆活動中。"♪MY NAME IS CHARLES DOUGLAS~"って、ゆるゆるの"SHEENA IS A PUNK ROCKER"くらいのノリで歌ってるのになぁー



ついでに旧譜も!

詳細を見る
CHARLES DOUGLAS - THE LIVES OF CHARLES DOUGLAS (CD)

日の当たらない場所で脳内サーフィンを楽しんでいたBEACH BOWIEもしくはJAN(DEK) & DEAN (WAREHAM) みたいなやつ、実家の地下室で黙々と売れないポップソングを大量生産していたコカイン中毒者、CHARLES DOUGLASの初スタジオ作品。

1997年夏の10日間、ULTRA VIVID SCENEのKURT RALSKE所有のNYのスタジオで、プロデュースは中学生の時に文通でコンタクトを取ったMOE TUCKER、ついでにMOEにドラムも叩かせて、タバコとポット(マリファナ)の煙が充満する中、金銭トラブルでコカインのディーラーに銃を持って乗りこまれつつ、KURTのクラウトロック・コレクションを聴きながらどうにか速攻で録音、ミックスにはKURTとDEAN WAREHAMの助けも借りて完成、という300曲超の地下デモから選りすぐられたらしい12曲。

まるでSONIC YOUTHとDANIEL JOHNSTONのNYスタジオ録音道中記のような話ですが、お薬で心が病んでいたわけではなくおクスリで頭がおかしくなっていただけのこちらのCHARLES氏。

制作途中にレーベルの重鎮TERRY TOLKINがELEKTRAから解雇通告を受けたりと、ごたごたと共にリリースされないかと思われた音源が半ばブートのような形でCHARLES本人の知らぬレーベルCAROLINE RECORDSからなぜか極少数のオリジナルリリース。99年にはTERRY TOLKIN自身のインディーレーベルNO 6 RECORDSからの再リリースがなされるも、こちらも少量生産。

そんなこんなで埋もれきっていた本作ですが、この度ようやくの初正式リイシューです。もちろんまたも極少数プレス。

流れ出てくるのはVELVET UNDERGROUND、LOU REED、RAMONES、JONATHAN RICHMAN & THE MODERN LOVERS、VIOLENT FEMMES、BEAT HAPPENING、FEELIES、TALKING HEADS、GALAXIE 500、LUNA、STROKES。。

NYを中心としたポストプロトオルタナパンクがこれでもかと詰まった"THE BEST NEW YORK RECORD YOU'VE NEVER HEARD..A CULT CLASSIC"(MOJO誌)は地下宅録音源を楽しめた方もそうでない方も必聴です。

というかすべてのVELVETS以降の人に。

(営業部 斉藤)

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © ALTERNATIVE WAVERS - diskunion indie/alternative rock blog : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

管理人限定

SEARCH

TWITTER

PROFILE

HN:
ALTERNATIVE WAVERS
性別:
非公開
自己紹介:

80'Sから10'Sまで、最先端のインディーもそのルーツとなるNWリイシューも、おすすめアイテム情報を随時お届け!

※掲載の商品はご予約開始次第もしくは入荷次第ROCK WEB SHOPおよび新宿本館6Fにてお求め可能です。

またその他ロック取り扱い店舗におきましてもお取り寄せ・追加発注が可能ですのでお気軽にお問い合わせください。万が一レーベル側で在庫切れ・売り切れの際にはご容赦くださいませ。

・TWITTER

・FACEBOOK

CALENDAR

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

QR CODE

ACCESS TOOL

COUNTER