ヤングAL JOURGENSEN!インダストリアル界の重鎮MINISTRYのファースト・アルバムは超ニュー・ウェイヴだった!

63683782200942408_7ykq2b1p_b.jpg

インダストリアル界の重鎮として君臨するMINISTRYに、こんな艶めかしいニュー・ウェイヴ・ディスコ時代があった!!!
ニュー・ウェイヴ・ファンに発掘されて愛聴されてきた超名盤のファースト・アルバムが、ボーナス・トラック3曲を追加して遂に再発!!!

51RDW9EJqbL__SL500_SS500_.jpg

MINISTY - WITH SYMPATHY (CD / 帯解説付き国内仕様CD)  ※国内仕様CDは9月中旬発売予定です

オリジナルは83年にAristaからリリース。Al Jourgensen(アル・ジュールゲンセン)とStephen Georgeによるデュオとして制作されたアルバムです。
アル本人はのちに本作を「あれは失敗作だった…」と語り、顔を真っ赤にして足をじたばたさせていたかはわかりませんが、彼にとっては恥ずかしい過去、黒歴史的なアルバムだったようです。それもそのはず、「詩篇69」等の頃のゴリゴリのインダストリアル路線からは想像が付かないほどの、ニュー・ロマンティックの香りすら漂うSOFT CELLやDURAN DURANのようなメロウなニュー・ウェイヴを思いっきりやっているのですから!

上の写真は当時のアル・ジュールゲンセン。片耳ピアスにスパイキーヘアにアイラインが、若い!
今のアルさんとかなり違いますよね。今もかなりカッコイイですけど…
woodenspears_Date_30329_Al_Jourgensen.jpg

しかしながら、そんなヤング期も、インダストリアル期のMINISTRYファンのみならずコアなニュー・ウェイヴ・ファンにも、しっかりと掘り起こされて愛聴され続けてきた名作なのです。

バウンシーなビートとセンチなメロディーに乗せてアルと女性ゲスト・ヴォーカルが掛け合いもつれ合いを繰り広げるディスコな超名曲‘I Wanted To Tell Her’、スッカスカなチープ・シンセ・ポップにアツくて女々しい泣きヴォーカルでシングル・ヒットしたキラー・トラック‘Revenge’を始め、80'sのクールネスを全力でまとって「ダサカッコ良い」の極みとして今の時代に舞い降りる激ヤバトラックが満載です!

RAPTUREやHOT CHIP、HOLY GHOST!などDFAのアーティスト達をはじめとする現代のエレクトロ・ポップ~ポスト・パンク勢にも確実に影響を与えた作品です。
ニュー・ウェイヴ・ファンの方にはぜひお試しいただきたい、隠れた名盤です!!

‘Revenge’のPV


画質が粗いですが、‘I Wanted To Tell Her’の貴重なライヴ映像!

(営業部ロック担当 岩渕)

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © ALTERNATIVE WAVERS - diskunion indie/alternative rock blog : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

管理人限定

SEARCH

TWITTER

PROFILE

HN:
ALTERNATIVE WAVERS
性別:
非公開
自己紹介:

80'Sから10'Sまで、最先端のインディーもそのルーツとなるNWリイシューも、おすすめアイテム情報を随時お届け!

※掲載の商品はご予約開始次第もしくは入荷次第ROCK WEB SHOPおよび新宿本館6Fにてお求め可能です。

またその他ロック取り扱い店舗におきましてもお取り寄せ・追加発注が可能ですのでお気軽にお問い合わせください。万が一レーベル側で在庫切れ・売り切れの際にはご容赦くださいませ。

・TWITTER

・FACEBOOK

CALENDAR

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

QR CODE

ACCESS TOOL

COUNTER