BON IVER - BON IVER (CD, LP / US: JAGJAGUWAR, JPN: HOSTESS)

- ALBUM OF THE WEEK -

圧倒的傑作。神がかり的な美しさ!!
世界が待ちわびた奇跡の歌声、BON IVERのセカンド・アルバム!!!



BON IVER / ボン・イヴェール(HOSTESS / 日本盤CD)
BON IVER / BON IVER (JAGJAGUWAR / US盤CD)
BON IVER / BON IVER (JAGJAGUWAR / US盤LP)


前作でその美しい歌声と寂寥感あふれるメロディーで本国USのみならず世界中の唄モノファンを虜にしたBON IVERですが、
本作では、ひと皮ふた皮どころではないむけっぷりでもはや神がかり的な輝きを放っています。
この音には、後光がさしている!!!
とにかく厳かな世界観が半端ないです。

前作以降カニエ・ウェストとの共演なども経てメジャー的な注目度もぐんぐん上がっているJUSTIN VERNON = BON IVER。
こんなに美しいサウンドがきちんと評価されてビルボード・チャートの上位ランクインも期待できてしまうポジションにいるなんて、、、アメリカって素敵です。
MERGEにとってのARCADE FIREのように、JAGJAGUWARの出世頭となることでしょう!

まとっていた薄いヴェールを取り払って一気に光が差し込むような多幸感に溢れたギター・レイヤーのリフが印象的な1曲目‘Perth’は、まさにオープニングにふさわしいトラック。
切ないほどに美しすぎるメロディーとミニマルなフォークから壮大に展開する2曲目‘Minnesota, WI’、丁寧に折り重なるサウンドの3曲目‘Holocene’、シンプルに際立つハーモニーからかすかにカントリーishになだれこむ4曲目‘Tower’と、どんどんたたみかけ、前半数曲だけでも傑作を確信させる圧倒感です。

後半もたゆむことなく、‘Minnesota, WI’と対になるタイトルのアンビエントな6曲目‘Hinnom, TX’、フォーキーとエレクトリックとローファイの間を絶妙に行ったり来たりして揺らめくサウンドと鳥肌がたつほどの力強く伸びやかなメロディーのシングル・カットの8曲目‘Calgary’、そして、ピアノやサックス、スライドギターなどでゆったりと流れるような‘Beth/Rest’がラストを飾ります。

ア聞き終わった後、なんか・・・もっと・・・頑張ろう・・・!と思えてくるとにかく美しくてポジティブなアルバムです。

FLEET FOXESやTV ON THE RADIO、ANTONY & THE JOHNSONSなど好きな方・・・というか、
2011年のいま、全インディー・ロック・ファンで共有して愛したいマスターピースです。マジです!

(私は普段変態系ばかり聞いてるんでなかなかこんなこと思わないんですよ・・・!)

シングル、‘Calgary’のPVも公開されました!



Copyright © ALTERNATIVE WAVERS - diskunion indie/alternative rock blog : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

管理人限定

SEARCH

TWITTER

PROFILE

HN:
ALTERNATIVE WAVERS
性別:
非公開
自己紹介:

80'Sから10'Sまで、最先端のインディーもそのルーツとなるNWリイシューも、おすすめアイテム情報を随時お届け!

※掲載の商品はご予約開始次第もしくは入荷次第ROCK WEB SHOPおよび新宿本館6Fにてお求め可能です。

またその他ロック取り扱い店舗におきましてもお取り寄せ・追加発注が可能ですのでお気軽にお問い合わせください。万が一レーベル側で在庫切れ・売り切れの際にはご容赦くださいませ。

・TWITTER

・FACEBOOK

CALENDAR

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

QR CODE

ACCESS TOOL

COUNTER