《ALBUM OF THE WEEK》 EMERALDS - JUST TO FEEL ANYTHING



<<ALBUM OF THE WEEK>>
2012 week 47


EMERALDS - JUST TO FEEL ANYTHING (CD/LP, YACCA/EDITIONS MEGO)

見よ!あのEMERALDSが、泣いている。
彼らにしては長い空白となった2年ぶりの新作は、これまでになく肉体的で抒情的。

クラウトロックやドローンを土台としたエレクトロニック・サウンドに、シンセが緻密に絡み合ったりポップなメロディーを奏でたり、高揚してホワイトアウトしたり、陶酔的なギターがむせび泣いたり、優しくアコギが鳴らされたり、EBMっぽいビートがつんのめったり…ダイナミックで面白すぎる!

Emeralds_artist.jpg

(from left to right)
EMERALDSの壮大な宇宙テイストのカギを握る知的なシンセ奏者 ・・・Steve Hauschildt
ドローン〜アンビエントのダイナミズムとサイケ感ならおまかせ!・・・John Eliott
次世代のエクスペリメンタル・シーンを牽引する天才・・・ Mack McGuire

前作から2年の間に各メンバーのソロ作もEMERALDS本体同様、話題になりました。

本作では、三人それぞれがソロでの武者修行を経て個性をさらに鍛え研ぎ澄まし、それがスリリングに衝突して化学反応を起こしています。

この若干イケイケにも感じられるほどのだいぶキャッチーな路線には賛否が分かれそうではありますが、まるでBATTLESと同じフィールドに並ぶかのような思い切りの良さで、個人的には断固支持!

融合して穏やかにまとまるだけではなく、三人の技がかわるがわる鋭くきらめいています。
新世代クラウトロックの決定的作品の登場です!


 

(営業部 岩渕)

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © ALTERNATIVE WAVERS - diskunion indie/alternative rock blog : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

管理人限定

SEARCH

TWITTER

PROFILE

HN:
ALTERNATIVE WAVERS
性別:
非公開
自己紹介:

80'Sから10'Sまで、最先端のインディーもそのルーツとなるNWリイシューも、おすすめアイテム情報を随時お届け!

※掲載の商品はご予約開始次第もしくは入荷次第ROCK WEB SHOPおよび新宿本館6Fにてお求め可能です。

またその他ロック取り扱い店舗におきましてもお取り寄せ・追加発注が可能ですのでお気軽にお問い合わせください。万が一レーベル側で在庫切れ・売り切れの際にはご容赦くださいませ。

・TWITTER

・FACEBOOK

CALENDAR

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

QR CODE

ACCESS TOOL

COUNTER